古民家移築プロジェクトⅡ

古民家移築プロジェクトⅡ

2020/04/20

前回に続き古民家移築工事の内部解体工事です。


基本、造作材も再利用が多いので一つ一つ手作業で解体していきます。

天井板をめくると立派な梁・母屋等が姿を現しました

床板・畳等も全て取り払います。

土壁を剥がすと竹下地が出てきます。
今では土壁を使った家はあまり見られません。
外からでは分からない職人技が随所に使われています

壁を解体すると柱だけになって構造が弱くなるので
仮筋違いを入れて補強します。
そしていよいよ葭葺屋根の解体となります。


現在のように瓦などを使用せず、葭葺きだけで長年雨雪を耐えられるのですから相当量の葭が使用されていました。解体を進めながら改めて味のある古民家の良さを感じました。